ウィニペグ商品取引所(WCE)

読み方: うぃにぺぐしょうひんとりひきじょ
英語名: Winnipeg Commodity Exchange (WCE)
分類: マーケット|海外取引所

ウィニペグ商品取引所(WCE)は、現在は「ICE Futures Canada」が正式名称で、カナダのマニトバ州ウィニペグに本拠を置く、農産物(小麦、大麦、アブラナ等)の先物・オプションを上場するデリバティブ取引所の通称(昔からの呼称)をいいます。これは、1887年に「ウィニペグ穀物と生産取引所(Winnipeg Grain & Produce Exchange)」としてスタートし、過去から現在までカナダで唯一の商品先物取引所となっており、2004年12月に立会取引から電子取引に変更されました(北米において完全に電子化された最初の商品先物市場)。そして、2007年に米国のインターコンチネンタル取引所(ICE)がWCEを買収し、今日ではICEグループの一員となっています。