掛金の休日

読み方: かけきんのきゅうじつ
英語名: Contribution Holiday
分類: 年金|仕組み

掛金の休日は、「コントリビューション・ホリデー」とも呼ばれ、年金制度において、事業主や基金の資産運用の成功により、積立余剰となった結果、一時的に掛金を止めることをいいます。これは、日本の厚生年金基金確定給付企業年金においては、毎事業年度の決算で積立金額が積立上限額を上回っている場合に、上回る額を解消するように、規約で定めるところにより、掛金の控除(掛金の全部または一部の停止)を行わなければならないというものです。