境界標

読み方: きょうかいひょう
分類: 不動産|土地

境界標は、土地(敷地)の境界を明示する標識となるものをいいます。これには、土地の境界を示すために人為的に設けられた杭やなどの他に、立木等の自然物などもあります。また、土地の所有者は、隣地の所有者と共同で境界標を設けることが可能で、その際には、設置費用や保存費用は折半で、また測量費用は土地の面積に応じて分担することになると民法で定めています。

一般に境界標は、土地の境界の折れ点に設置することにより、境界標と境界標を結ぶ線が「境界線」となり、地面に境界線が引いてあるのと同じことになります。なお、境界を示すために打ち込まれた杭のことを「境界杭」と言い、これにはコンクリート製や石製、金属製、プラスチック製など様々な種類があります。