プレハブ工法

読み方: ぷれはぶこうほう
分類: 不動産|建築工法

プレハブ工法は、建築工法の一つで、工場で予め部材の生産や加工を行ってから、現場に運んで組み立てる工法をいいます。これは、主に大手住宅メーカーなどが採用しており、主要部材や構造によって、いくつかの種類があります。

具体的には、2×4工法に似た木質パネルを用いた「木質系プレハブ」、軽量鉄骨で骨組みを作ってコンクリートパネルを張り付けた「鉄骨系プレハブ」、鉄骨または木材をフレームとした箱(ユニット)を現場で連結するだけの「ユニット系プレハブ」、プレキャストコンクリートパネルを使用して・天井を組み立てていく「コンクリート系プレハブ」などがあります。

一般にプレハブ工法は、主要部材も構造もメーカーによって様々ですが、どれも規格化された部材を工場で量産するため、品質や価格が安定しており、また現場の手間が少なく工期の短縮も図れるなどのメリットがあります。