ギャップダウン

英語名: Gap Down(GD)
分類: 外来語

ギャップダウンは、「下に窓をあける」や「下放れる」とも言い、前日の終値よりも当日の始値安値で寄り付くことをいいます。これは、株式相場や商品先物相場などで主に使われる用語で、前日の海外市場の相場が大きく下落した場合や、取引時間外に何らかの悪材料となるニュースが出た場合などに、寄り付き前に買い注文を上回る売り注文があることにより起こります。

なお、ギャップ(Gap)とは、「窓」や「空」とも言い、価格変動における大幅な開差、または罫線上で前の価格から大きく離れて次の罫線が形成された場合の空間のことをいいます。