メルトダウン

英語名: Meltdown
分類: 外来語

メルトダウンは、資産運用においては、ある資産クラスに突然売りが殺到し、想定外で劇的な価格下落が生ずる現象をいいます。これは、株式市場では、ある日突然、通常では考えられない理由で売りが殺到し、大暴落が起こることを指し、例えば、リーマンショックのような状況が挙げられます。また、メルトダウンとは反対に、想定外で劇的な価格上昇が生ずる現象を「メルトアップ」と言います。

一般にメルトダウンは、何らかの要因によって、市場の需給バランスが著しく変化した場合に起こることがあり、この場合、ボラティリティ(価格変動率)が急激に高まる傾向があります。なお、メルトダウンと似たような考え方に「ブラックスワン」があり、これは市場において事前にほとんど予想できない一方で、実際に起きた時の衝撃が大きい事象のことを意味します。

ちなみに、世間一般で「メルトダウン」と言った場合は、「炉心溶融」とも呼ばれる、原子炉中の炉心が冷却手段を失い、過熱して破損・溶融するという、原子炉事故で最も危険な状態をいいます。