ボラティリティ

英語名: Volatility
分類: オプション

ボラティリティ(Volatility)は、価格の変動性(変動率)のことをいいます。これは、金融工学では、資産価格の変動の激しさを表すパラメータ(価格の変動幅の比率)のことをいい、またオプションでは、原資産価格が1年間でどの程度変動するかを年率(%)で表示したものをいいます。さらに、資産運用においては、テクニカル分析の指標の一つとしても活用されています。

一般にボラティリティは、価格変動が大きければ高くなり、逆に価格変動が小さくなれば低くなります。例えば、債券価格の場合、通常、マーケット(債券市場)において、短期債の価格よりも長期債の価格のボラティリティの方が高く(大きく)なる傾向があります。

ボラティリティの基本概念

ボラティリティとは、値動き(価格変動)の荒さを「不確実性の度合い」として示すもので、統計学の分散や標準偏差の概念を適用したものです。

・偏差:平均値から各値を引いたもの(平均との差)
・分散:データのバラツキを表す値(偏差の二乗の平均値)
・標準偏差:分散の平方根で、データのバラツキを表す値

具体的には、過去のある期間の値動きについて、日次や週次、月次など一定間隔刻みで測った価格の騰落率を集計し、その平均からのバラツキ幅を統計的に計算します。そして、その平均からのバラツキの度合いである標準偏差が大きいほど、ボラティリティが高く、値動きが荒いことを示し、逆に標準偏差が小さいほど、ボラティリティが低く、値動きは緩やかであることを示します。

オプションのボラティリティ

ボラティリティは、オプション取引においては、原資産価格が1年間で、どの程度変動するかを年率(%)で表示したものとなっています。

|ボラティリティとオプション価格の関係

ボラティリティとオプション価格(プレミアム)については、通常、以下のような関係が成り立ちます。

・ボラティリティが高いほど、プレミアムは高くなる
・ボラティリティが低いほど、プレミアムは低くなる

|オプションのヒストリカル・ボラティリティ

ヒストリカル・ボラティリティ(HV)とは、過去のデータに基づいて算出した変動率のことをいいます。これは、過去一定期間の原資産価格の変化率の平均値から求められ、統計学でいう「標準偏差」にあたります。

|オプションのインプライド・ボラティリティ

インプライド・ボラティリティ(IV)とは、現在のオプション料(プレミアム)から将来の変動率を予測したものをいいます。これは、市場参加者が今後、プレミアムがどのように変化するかを数値化したもので、市場参加者における将来の予想(人気や期待度など)が反映されています。