日経平均HV

読み方: にっけいへいきんえいちぶい
分類: インデックス|日経

日経平均HVは、日本経済新聞社が算出・公表している、日経平均株価ヒストリカル・ボラティリティ(Historical Volatility)のことで、日経平均の過去20日間の毎取引日の変化率から算出した数値をいいます。また、ヒストリカル・ボラティリティ(HV)とは、オプションで使われる用語で、過去の値動き(データ)に基づいて算出した変動率のことを言い、過去一定期間の原資産価格の変化率の平均値から求められ、統計学でいう「標準偏差」にあたります。

一般に日経平均HVは、日経平均の変動の激しさを表す指標で、過去20日間の騰落率(変化率)を基に、年間の営業日数(250日間)に換算した年率(数値)で示され、過去の指数値から計算することから「ヒストリカル」と呼ばれます。通常、市場(株式相場)の小動きが続くと数値は下がり、変動が激しいと数値は上がります。なお、本指標は、1989年6月12日に大阪証券取引所(現・大阪取引所)で日経平均を対象としたオプション取引が始まったのに伴い、同年6月13日の日本経済新聞の朝刊から掲載され、現在はマーケット総合欄の「株価指数先物・配当指数先物・VI先物」にある「日経平均オプション・大取」の最後の行に記載されています。