ブルーチップ

英語名: Blue chip
分類: 銘柄(通称)

ブルーチップは、収益性や成長性に優れ、また財務的基盤も磐石な優良企業の株式のことをいいます。元々は、米国のNYダウ(ダウ工業株30種平均)などに採用されている代表的な米国企業の株式を指していましたが、昨今では、日本などでも最優良の銘柄を指す場合などに使われているほか、「小型ブルーチップオープン」などファンド名にも冠されています。また、本名称を真似て、香港市場に上場されている中国企業の株式のうち、資本は中国で、登記が香港の企業を「レッドチップ」と呼んでいます。

ちなみに、「ブルーチップ(Blue chip)」という呼称の由来には、モナコ公国のカジノで使われていたチップのうち最も高額なチップがブルーだったという説、カードゲームのポーカーに使われているホワイト・レッド・ブルーのチップのうち最も高額なチップがブルーだったという説、また牛の品評会で優良査定を受けた牛が青い(ブルー)布片を付けられていた説など、複数の説があります。