特許権信託

読み方: とっきょけんしんたく
分類: 信託|スキーム

特許権信託は、知的財産信託の一つで、特許権を対象とした信託のことをいいます。これは、2004年の信託業法の改正により、営業信託における受託可能財産の制限が撤廃され、信託銀行等が特許権や著作権などの知的財産権を受託することが可能になって実現したものです。また、特許権とは、特許法により特許を受けた発明を業として、排他的かつ独占的に実施できる権利のことをいいます。

現在、特許権信託は、知的財産権を活用するスキームとして、権利侵害からの保護、効率的な管理、資金調達のための手段として広く用いられています(例えば、企業が保有する特許権の一括管理を目的とした信託など)。