比例税率

【読み方:ひれいぜいりつ、分類:税率】

比例税率は、消費税や固定資産税、法人税、源泉分離課税を選択した利子所得など、比例税(課税標準の大小に関わりなく同じ税率で課税する税)を課する際の税率をいいます。また、税率とは、税額を算定するにあたり、課税標準に対して適用される割合をいいます。

なお、比例税率に対して、所得税や相続税、贈与税など、累進税を課する際の税率を「累進税率」と言い、これには、課税標準が一定額以上となった場合に、その全体に対して、より高い税率を適用する「単純累進税率」と、一定額以上になった場合に、その超過金額に対してのみ、より高い税率を適用する「超過累進税率」の二つがあります。