内税

【読み方:うちぜい、分類:税務】

内税は、「内税方式」や「総額表示」とも呼ばれ、表示されている価額(価格)に消費税が含まれていることをいいます。これは、消費税を含んだ価格(本体価格と消費税の合計)を表示する方式となっているもので、日本では、2004年4月から「消費税総額表示」が法律で義務付けられています。その目的(意義)は、消費者が広告やちらし、値札などを見れば、消費税相当額を含む支払総額が一目で分かるようにすることです。

なお、内税に対して、表示されている価額(価格)のほかに、消費税が課されることを「外税(外税方式)」と言います。