益税

【読み方:えきぜい、分類:税務】

益税は、顧客(消費者)が支払った消費税のうち、納税されずに合法的に、事業者の手元に利益として残る部分をいいます。これは、簡易課税制度や事業者免税点制度により発生するもので、日本の税制の仕組みにおいて問題となっています。

具体的には、中小事業者の納税事務負担を軽減するための「簡易課税制度」では、実際の仕入額よりも大きな金額を仕入額とみなせる場合があり、事業者の消費税納税額が本来納めるべき金額よりも小さくなり、その結果として事業者が利益を得ることになります。また、課税売上高が1千万円以下の事業者の課税が免除される「事業者免税点制度」では、消費者が支払った消費税相当分が事業者の手元に利益として残ることがあります。

現在、益税については、消費税への不信を高めかねないため、政府は税制等の改正により縮小の方向に動いています。