実体

【読み方:じったい、分類:ローソク足】

実体は、チャートのローソク足において、始値終値の間の値幅を示す、長方形(太線)の部分のことをいいます。また、実体の長方形の部分を突き出た線(細線)の部分を「ヒゲ)」と言い、これは高値安値からの始値または終値の値幅を示すものです。

なお、ローソク足とは、一定期間の値動きを「実体」と「ヒゲ」の2つの部分で表したもので、形がローソクに似ていることから、その名が付けられています(日本で考案)。