ソフトフォーク

英語: Soft fork
分類: 概念

ソフトフォークは、ブロックチェーンの仕様変更方法の一つで、プロトコルの後方互換性・前方互換性のあるアップデートによる分岐をいいます。

暗号資産(仮想通貨)においては、暗号資産を支えるブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則をより高度なものに変更することによって発生する分岐を指し、またハードフォークと異なり、従来のものとは別の暗号資産は生まれません。

一般にソフトフォークでは、ブロックチェーンの分岐はあるものの、分裂前後のブロックチェーンには互換性があり、また完全な分裂ではなく、一度分岐したブロックチェーンが元のブロックチェーンに吸収される形で収束していきます。

◎ソフトフォークを行うと、以前の機能や仕組みはそのままで、ブロックチェーンに新たな技術を取り入れることができる。

◎ソフトフォークは、暗号資産においては、ハードフォークと比べて、対象となる暗号資産の紛失リスクが小さい。