東京ターム物リスク・フリー・レート(TORF)

読み方: とうきょうたーむものりすくふりーれーと
英語: Tokyo Term Risk Free Rate(TORF)
分類: 金利

東京ターム物リスク・フリー・レートは、「TORF(トーフ)」と略され、QUICKベンチマークス(QBS)が算出・公表する、ターム物リスク・フリー・レートをいいます。

2021年末に廃止される「LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)」の後継指標の一つで、銀行等の金融機関の信用リスクをほぼ含まないとされる無担保コール翌日物金利に基づく指標となっており、デリバティブ取引のデータから1カ月や3カ月などの期間の金利が算出されます。

なお、ターム物リスク・フリー・レートとは、1W、1M、3M、6M、12Mといったターム(期間)の金融機関の信用リスク等を反映しないリスクフリーに近い金利をいいます。

東京ターム物リスク・フリー・レートの概要

東京ターム物リスク・フリー・レート(TORF)は、金融商品取引法が定める「特定金融指標」に指定されています。

・ターム:1M、3M、6M
・基準時刻:東京営業日15時
・公表時刻:同日17時頃
・算出・公表主体:QUICKベンチマークス

※特定金融指標:金融指標であって、その信頼性が低下することにより、日本の資本市場に重大な影響を及ぼす恐れがあるもの。

東京ターム物リスク・フリー・レートの特徴

東京ターム物リスク・フリー・レート(TORF)は、スポット・スタートの日本円OISアウトライト取引の市場データに基づいて算出されます。

・日本円のリスク・フリー・レートを基にしたターム物金利である
・金利の適用開始時点において、前もって適用金利が確定する前決め方式である
・金利参照期間と金利計算期間が一致する
・LIBORからの切り替えに伴うシステムや事務作業の負担が比較的小さい

東京ターム物リスク・フリー・レートの導入

東京ターム物リスク・フリー・レート(TORF)は、2021年末に廃止される「LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)」の代替指標として、2020年2月に日銀が事務局をつとめる「日本円金利指標に関する検討委員会」において選定され、1年超の準備を経て、正式運用となりました。

・2020/2/26:QUICKが算出・公表主体に選定
・2020/5/26:参考値の週次算出を開始
・2020/7/28:現名称に決定
・2020/10/9:参考値の日次算出を開始
・2021/1/18:算出会社のQBSを設立
・2021/4/26:確定値の公表開始

※当初は「ターム物RFR金利(スワップ)」と呼ばれた。