トリプルトップ

【英語:Triple Top、分類:チャート】

トリプルトップ(Triple Top)は、広義には、3つの山(高値)ができるチャートパターンをいいます。また、狭義には、3つの山が大体同じ位置にある場合を指し、3つの山で真ん中が突出している「ヘッド・アンド・ショルダーズ(三尊天井)」とは区別されます。

具体的には、上昇・下落・上昇・下落・上昇・下落を繰り返し、相場の天井圏で3つの高値が形成された後に、その3つの高値の間の谷にあたる部分の安値水準(ネックライン)を三度目の下落の際に下回った(割り込んだ)場合に、上昇から下落への反転パターンとするものです。

トリプルトップの例

一般にトリプルトップは、ダブルトップより確度の高い反転パターン(売りシグナル)として知られており、上昇トレンドにおいて、大きく値上がりした後に、ある程度時間をかけて形成され、下降トレンドに転換することが多いです。

なお、トリプルトップとは反対に、3つの谷(安値)ができるチャートパターンを「トリプルボトム」と言います。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集