株価純資産倍率

読み方: かぶかじゅんしさんばいりつ
英語名: Price Book-value Ratio
分類: 財務・会計|財務分析

株価純資産倍率は、「PBR」とも呼ばれ、株価一株当たり純資産で割ったものをいいます。これは、株価が一株当たり純資産の何倍まで買われているかを示し、また当該企業について、市場(マーケット)が評価した値段(時価総額)が会計上の解散価値の何倍であるかを示しているため、株価純資産倍率が1倍未満の株価とは、企業が持つ資産価値を株価が下回っていることを意味します。

一般に株価純資産倍率は、株価を資産面から見て「割安」か「割高」かを判断する際に使われる指標ですが、分母が純資産であるため、企業の短期的な株価変動に対する投資尺度にはなりにくく、また将来の利益成長力も反映しにくいため、単独の投資尺度とするには問題もあります。ただし、解散価値の視点では、株価純資産倍率1倍が株価の一つの下限であると考えられるため、当面の下値を推定する上では有効で、また株価収益率(PER)が異常値になった場合の補完的尺度としても活用できます。

平常時のマーケットでは、株価純資産倍率が異常に低い銘柄については、企業の存続自体に大きな問題があるため、手を出さない方が無難です。これに対して、株式相場全体が大きく下落した場合には、平常時では株価純資産倍率が1倍を下回らない優良銘柄まで1倍を下回ることもあり、長期投資の視点においては、銘柄をうまく選べば、良い投資機会となることがあります。

・株価純資産倍率=株価÷1株当たり純資産