粗利益率

読み方: あらりえきりつ
分類: 財務・会計|財務分析

粗利益率は、「売上総利益率」とも呼ばれ、企業の売上高に対して、粗利益が占める割合(比率)を示す財務指標をいいます。また、粗利益とは、損益計算書で最初に出てくる利益で、売上高から売上原価を差し引いて計算され、これは販売された商品・サービス等の利鞘の合計であることから、企業にとって収益や競争力の源泉となっています。通常、粗利益率が高いほど良いとされ、また景気が良い時は上昇し、景気が悪い時は下落すると言われています。

一般に粗利益率は、収益性や採算性を計る指標として、販売している商品・サービス等の利益率(マージン率)が高いかどうかをチェックする際に活用することができます。具体的には、商品力が高かったり(利益率が高い、付加価値が高い商品構成である)、直販で利鞘が高かったりした場合は、本比率が高くなる一方で、商品力が低かったり、販売会社を経由したりした場合は、本比率が低くなる傾向があります。また、業種によっても大きな違い(差)があり、さらに同業種でも企業によって大きな差が出ることもあります。

なお、粗利益率と表裏の関係にある指標として「売上原価率」があります。

・粗利益率(%)=(粗利益÷売上高)×100