買入消却

読み方: かいいれしょうきゃく
英語名: Retirement by purchase
分類: 償還

買入消却は、債券や株式の発行者が流通市場(マーケット)を通して、これまでに発行した債券や株式を買い取り、これを消滅・失効させることをいいます。

通常、買入償却が実施されると、マーケットに出回る債券や株式の流通量が減るので、需給関係が引き締められます。

買入消却の活用

買入消却は、債券の場合は、満期(償還期日)に全額返済する負担を避けるための方法(減債方法)の一つとして、また株式の場合は、資本減少の方法(減資方法)の一つとして用いられます。

例えば、企業の場合、社債または株式の買入償却を行うと、貸借対照表において、"資産の部"の現金や現金等価物が減る一方で、"負債の部"の社債または"純資産の部"の株主資本が減ることになります。

債券の買入消却

債券の買入消却は、期中償還の一つで、「買入償還」とも呼ばれ、債券の発行体(発行者)が償還前に債券市場(マーケット)を通じて、債券の購入者(保有者)から買い取るというものです。

その際には、市場価格(時価)で買い取るため、発行者にとって、債券の時価がアンダーパーの時は有利に減債(債務を減らすことが)できる一方で、オーバーパーの時は不利になります。

株式の買入消却

株式の買入消却は、「自社株買い」とも呼ばれ、株式の発行企業が株式市場(マーケット)で取引されている自社の株式(自社株)を自ら購入することで、減資を行うというものです。

なお、2001年の商法改正では、企業が買った自社株を消却せずに抱えたままにしておく「金庫株」の導入が認められました(現在は会社法に規定)。