ストライクプライス

英語: Strike Price
分類: オプション

ストライクプライス(Strike Price)は、オプションやワラントなどにおいては、「エクササイズプライス」とも呼ばれ、権利行使価格のことをいいます。また、株式等のブックビルディングにおいては、前記の意味とは全く異なり、投資家が需要を申告する際の希望価格の指定方法の一つをいいます。

オプションにおけるストライクプライス

ストライクプライスは、オプションの買い手が売り手から原資産(通貨、株式、金利、債券、コモディティなど)を買ったり、売ったりすることができる価格をいい、コールオプションの場合は「購入価格」を指すのに対して、プットオプションの場合は「売却価格」を指します。

一般にオプション取引において、オプションの買い手が権利行使をした場合、オプションの売り手は、市場実勢にかかわらず、ストライクプライスで原資産の売買に応じなければなりません。なお、オプションに関する価格については、ストライクプライス以外にも以下のものがあります。

オプション料(プレミアム)|
オプションの権利に対して付けられる価格(価値)。

原資産価格
権利行使をするかどうかの基準となる原資産の市場価格。

ブックビルディングにおけるストライクプライス

ストライクプライスは、株式等の募集や売出しに際して実施されるブックビルディングにおいては、投資家が需要を申告する際の希望価格の指定方法の一つをいいます。簡単に言えば、成行注文のようなもので、具体的な価格や条件を示すものではなく、どのような条件であっても購入意欲があることを示すものとなっています。

一般にストライクプライスでの申込みは、ブックビルディング期間中に仮条件の変更がある場合を含め、常に仮条件上限の価格での申込みと同じ意味となります。それゆえ、仮条件が引き上げられても、そのまま上限価格を追従するので、申込みの変更は必要ありません。