カレンシースワップ

英語名: Currency Swap
分類: スワップ

カレンシースワップは、「通貨スワップ」とも呼ばれ、二当事者が異種通貨間で金銭債権債務の元利相当額に係る将来のキャッシュフローを交換する取引をいいます。これは、異種通貨間での将来の金利元本を交換する取引であり、他のデリバティブ取引と違い、スタート日と満期日に元本を交換するのが大きな特色となっています。

現在、日本での活用手法(スキーム)としては、例えば、企業が米ドル建て社債を発行し、利息の支払と元本の償還について通貨スワップ契約を締結することによって、将来の支払額を円貨ベースで確定させるといった取引があります。

カレンシースワップの概要

カレンシースワップは、異なる通貨間で、将来のキャッシュフロー(金利と元本)を交換する取引をいいます。これは、元本が交換されることから、金利スワップで使われる「想定元本(Notional Principal Amount)」という言葉は使わず、単に「元本(Principal Amount)」という言葉が使われます。また、金利交換においては、異なる通貨の変動金利同士の交換がスタンダードになっています(例:米ドル3ヵ月LIBOR vs 日本円3ヵ月LIBOR)。

カレンシースワップの歴史

世界の金融史において、1981年8月にIBMと世界銀行の間で、ソロモン・ブラザーズのアレンジにより、米ドルスイスフランを使って約定されたカレンシースワップが、公表ベースでの世界最初の取引と言われます。

当時、IBMは、スイスフラン建ての社債を起債していて、スイスフランが米ドルに対して下落していたため、米ドル建てに変えたいというニーズがあり、一方で世界銀行は、低金利のスイスフランで多額の資金を調達したいものの、スイスフランの取引量はさほど大きくなく、多額の調達は金利を引き上げてしまう恐れがありました。

そういった中、IBMと世界銀行のニーズがうまく合致して、異種通貨間での元本と金利の交換が画期的に成立し、この取引(カレンシースワップ)により、お互いが資金調達コストの低減を実現しました。