米住宅着工件数

読み方: べいじゅうたくちゃっこうけんすう
英語名: Housing Starts
分類: 経済指標|米国

米住宅着工件数は、アメリカ合衆国(米国)の商務省経済分析局が発表する、米国の住宅関連の建設状況を見る経済指標をいいます。これは、米国内で、実際に月中に建設が開始された住宅戸数(季節調整済・年率換算)を示し、公共住宅は含まれず、一戸建て集合住宅について、地域別(北東部、中西部、南部、西部)の数値も発表されます。(一戸建てが全体の約8割を占める)

一般に米住宅着工件数は、毎月、新築住宅販売件数中古住宅販売件数に先立って発表され、景気動向にとても敏感であり、米国の景気関連の先行指標として注目度が非常に高いです。また、住宅が建てば、家具や電気製品などの消費財の需要が増加することから、個人消費動向にも影響が大きい(密接な関連性がある)指標と言えます。

なお、本指標は、通常、月次ベースの変動が大きいため、トレンドを把握する際には、3カ月移動平均が利用されることが多いです。

<米住宅着工件数の主なポイント>

・景気動向に敏感で、景気変動を把握する際に利用
・天候に左右されやすく、月次の変動が大きい
・個人の消費動向に対しても影響が大きい
・為替相場で金利面が注目されているときは注意

発表国 アメリカ合衆国
発表先 商務省経済分析局
〔The United States Census Bureau〕
発表時期 毎月中旬
発表内容 月次の前月の数値データ