米住宅建築許可件数

読み方: べいじゅうたくけんちくきょかけんすう
英語名: Building Permits
分類: 経済指標|米国

米住宅建築許可件数は、「米建設許可件数」とも呼ばれ、アメリカ合衆国(米国)の商務省経済分析局が発表する、住宅の着工前に地方自治体などに許可申請が必要な地域での許可発行数を調査した住宅関連の経済指標をいいます。これは、米国内で建設を始めるために取得された許可証の数(季節調整済・年率換算)であり、件数および前月比の増減により住宅投資の好不調が分かります。また、統計は、一戸建てと集合住宅に分かれており、北東部・中西部・南部・西部の地域別の数値も発表されます。通常、許可申請が行われた住宅は、ほとんどの確率で着工されるため、本指標は住宅着工件数の先行指標となり、また景気の先行指標にも採用されています。

一般に住宅建築許可件数の増加は、住宅ローンの金利引下げの数カ月後に起き、また建築許可は全米全ての地域で必要ではないため、建築許可件数は住宅着工件数よりも少ない傾向があります。なお、本指標を見る際には、月次ベースの変動が大きいため、トレンドを把握する際には、3カ月移動平均が利用されることが多いです。

<本指標の主なポイント>

・米国内で建設を始めるために取得された許可証の数
・月末時点で未着工の件数も含まれている
・気候変化や自然災害に左右されやすい
・米国景気の先行指標として注目
・為替相場で金利面が注目されているときは注意

発表国 アメリカ合衆国
発表先 商務省経済分析局
〔The United States Census Bureau〕
発表時期 毎月中旬
発表内容 月次の前月の数値データ