日銀短観

読み方: にちぎんたんかん
分類: 経済指標|日本

日銀短観は、「全国企業短期経済観測調査」の略で、日本銀行が国内の資本金2千万円以上の企業(1万社超)を対象に、業績・設備投資・雇用状況などの調査を行い、四半期に一度のペースで発表する景気関連の経済指標(統計)をいいます。これは、全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資することを統計上の目的としており、業況等の現状・先行きに関する判断(判断項目)や、事業計画に関する実績・予測(計数項目)など、企業活動全般に関する調査項目について、全国の調査対象企業に四半期毎に実施するものであり、海外でも「TANKAN」の名称で広く知られています。

・速報性が高く、調査対象も広く、マーケットやエコノミストも注目
・日銀も景気の現状や金融政策を判断する上で年4回の短観を重視
・景況感を聞いた業況判断指数(DI)が特に注目(DIは、景況感を「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いて算出)

日銀短観の調査対象

母集団企業は、総務省の「事業所・企業統計調査」をベースとした、全国の資本金2千万円以上の民間企業。また、調査対象企業(標本企業)は、業種別・規模別の区分毎に、統計精度等に関し一定の基準を設け、母集団企業の中から選定。

●業種区分

総務省が告示する「日本標準産業分類」をベースに、製造業を17業種、非製造業を14業種に区分。

●集計規模区分

資本金を基準に、大企業(資本金10億円以上)、中堅企業(同1億円以上10億円未満)、中小企業(同2千万円以上1億円未満)に区分。

日銀短観の調査項目と調査結果

毎年、3月・6月・9月・12月に調査対象企業に対して、「判断項目」「年度計画」「四半期項目」「新卒者採用状況(6・12月調査のみ)」の四種類の項目についてアンケート調査を実施し、翌月初に調査結果を公表している(12月については、12月央)。

●日銀短観(概要)の内容

1.業況判断(DI)
2.需給・在庫・価格判断(DI)
3.売上・収益計画
4.設備投資計画等
5.金融機関の設備投資計画
6.雇用
7.企業金融
8.金融機関の業況判断等

●DI(DiffusionI ndex)の算出方法

DI(%ポイント)=「第1選択肢の回答社数構成比(%)」-「第3選択肢の回答社数構成比(%)」

発表国 日本
発表先 日本銀行
発表時期 4月初、7月初、10月初、12月央
発表内容 四半期毎のアンケート調査

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。