MBS

読み方: えむびーえす
英語名: Mortgage Backed Security
分類: 証券化商品

MBSは、"Mortgage Backed Security"の略で、日本語では「モーゲージ証券(モーゲージバック証券)」と呼ばれます。これは、英語の「mortgage(モーゲージ)」が抵当や担保、貸付金、抵当権付き住宅ローンなどを意味し、主に不動産を抵当にすることから、不動産担保融資の債権を裏付け(担保)として発行される証券のことをいいます。

ちなみに、日本の世間一般で「MBS」と言った場合は、"Mainichi Broadcasting System"の略で、近畿広域圏を放送対象地域とする「毎日放送」を意味することが多いです。

MBSの種類と特色

MBSは、ABS(資産担保証券)の一つで、その種類には、住宅ローンを担保として発行される「RMBS(住宅ローン担保証券)」、オフィスビルやショッピングセンターなどの商業用不動産ローンを担保として発行される「CMBS(商業用不動産ローン担保証券)」などの種類があります。

通常、MBSの運用面においては、高い流動性や高い信用力がありますが、一方で期限前償還リスクがあるため、そのリスクの分だけ、同格付けの債券と比較して、相対的に高い利回りを享受することができます。

住宅ローンを担保として発行されるMBS

MBSにおいて、住宅ローンを担保として発行される場合、住宅ローンの貸し手である銀行などのオリジネーター(債権の原保有者)が、住宅ローンの貸出債権を証券の発行体に売却し、その発行体が貸出債権を元にして証券を発行します。そして、発行された証券は、元利金の支払保証がなされるなど信用力や格付けを高めた上で、投資家に販売されるという仕組みになっています。

特に米国では、モーゲージ証券の大部分が、政府系の機関であるジニーメイ(連邦政府抵当金庫)ファニーメイ(連邦住宅抵当公庫)フレディマック(連邦住宅金融抵当金庫)により発行されており、通常は米国債と並ぶ、高い信用力を有していますが、2007年のサブプライムショックとその後の世界的な金融危機の際には、米国のMBS市場が崩壊し、世界中の投資家が多大な損害を被りました。