アップティックルール

英語名: Uptick rule
分類: 金融業務|規制

アップティックルールは、直近の売買が約定した価格を下回る水準での空売りを禁止する規制のことをいいます。これは、現物株式を手当てしないまま空売りを行う「ネイキッドショートセリング」を禁止する措置と同様に、ヘッジファンドなどの意図的な売り崩しを防ぐための空売り規制の一つです。また、アップティックとは、直近の売買が成立した値段より、次に売買が成立した値段が高い場合のことを指し、これとは逆に、直近の値段より安い値段で次の値段が成立した場合のことを「ダウンティック」と言います。

米国においては、1938年に米証券取引委員会(SEC)によって採用されて以来、長い間、アップティックルールによる規制が行われていましたが、長年に渡る学術研究の結果、本ルールが株価下落を防ぐ効果がないばかりか、市場の効率性を妨げていることが証明されたとして、2007年7月に廃止されました。なお、その後発生したリーマンショクなど世界的な金融危機において、本ルールの廃止が相場下落に拍車をかけたとする見方があり、米国議会では一時、本ルールの復活を目指す動きが見られました。