個別元本

読み方: こべつがんぽん
分類: 投資信託|取引

個別元本は、追加型株式投資信託の「個別元本方式」に基づいて計算される、ファンドを保有する投資家(受益者)毎の税法上の取得元本(単位口当たりの平均の買付基準価額)をいいます。これは、受益者がファンドを購入した時の基準価額であり、販売手数料申込手数料)及びそれにかかる消費税等相当額は含まれません。

一般に個別元本は、受益者が同一ファンドの受益証券を複数回購入した場合や特別分配金を受け取った場合などには、その都度、移動平均により個別元本が修正されます。また、同じ販売会社であっても、複数の支店等で同一ファンドを取得する場合は支店毎に、さらに「一般コース」と「自動継続投資コース」の両コースで取得する場合はコース別に個別元本の算出が行なわれることもあります。なお、同一ファンドを複数の販売会社で取得する場合は、各販売会社毎に個別元本の算出が行なわれます。

※追加型株式投信の「個別元本方式」は、2000年4月より導入され、2000年4月1日に既に保有していた追加型株式投信については、2000年3月31日の平均信託金(課税の基準として算出された全受益者の平均購入価額とみなされた金額)が個別元本となる。