クローズドエンド型投資信託

読み方: くろーずどえんどがたとうししんたく
英語名: Closed-end fund
分類: 投資信託|区分

クローズドエンド型投資信託は、ファンドの換金方法の可否を基準にした分類で、途中で換金することができない投資信託をいいます。これは、該当ファンドを保有する投資家から換金の申込みがあっても、発行証券の買戻しがされない投資信託のことであり、通常、満期まで発行証券の買戻しがされないため、ファンドの資金量は安定します。

一般にクローズドエンド型投資信託は、発行者が買い戻しを保証していないため、原則的に満期まで換金することができませんが、例えば、カントリーファンドなど、発行証券が取引所に上場されているファンドの場合は、市場価格で売却することによって換金することができます。また、この場合の市場価格は、純資産価額とは一致せず、実際よりも高く評価されることもあれば、低く評価されることもあります。

なお、クローズドエンド型投資信託に対して、ファンドの換金方法の可否を基準にした分類で、いつでも自由に換金することができる投資信託を「オープンエンド型投資信託」と言います。