投資紛争解決国際センター(ICSID)

読み方: とうしふんそうかいけつこくさいせんたー
英語名: International Centre for Settlement of Investment Disputes
分類: 国際機関

投資紛争解決国際センター(ICSID)は、世界銀行グループの一機関で、国際的な投資紛争解決のための国際機関をいいます。これは、多国間の国際条約である「国家と他の国家の国民との間の投資紛争の解決に関する条約(ICSID条約:1966年発効)」に基づき設立されたもので、国際投資紛争の調停と仲裁を行う場を提供することで、外国投資の促進に貢献しています。現在、国際投資協定の多くは、ICSIDを仲裁機関に指定しており、またICSIDは紛争解決や外国投資法などに関する出版物も発行しています。

一般にICSIDは、工程管理等の中立的な手続きを提供するだけで、各事案に自ら調停や仲裁の決定を行うことはなく、通常、案件毎に任命される独立した仲裁人及び調停人が、当該案件に関する証言を聴取し、当該の紛争について判断を下す仕組みとなっています。なお、ICSID条約下の仲裁及び調停は、完全な自由意思に基づくものであり、投資家と投資受入国双方の同意を必要とし、また一旦同意すると、それ以降は一方的に手続きを停止することはできず、拘束力を持った手続きとなります。