逆張り

読み方: ぎゃくばり
英語名: Contrarian
分類: 資産運用|運用手法

逆張り(逆バリ)は、マーケット(相場)のトレンド(流れ)とは逆に、相場が悪い時に買い、あるいは相場が良い時に売る(空売りする)という投資手法をいいます。これは、相場の流れや人気に逆らった投資手法であり、上げ相場の時に売り、一方で相場環境(市況)が悪化し、人気(活気)がなく、値下がりしている下げ相場の時に買うというものです。具体的には、株価が大きく値下がりしている時に買ったり、円高ドル安が大きく進んでいる時にドルを買ったりするケースなどがあります。また、この効用を説いた格言として「人の行く裏に道あり花の山」というものが有名です。

一般に逆張りは、他の投資家や市況の裏をかく投資手法で、この反対が「順張り」で、これは相場の流れに逆らわずに売買をするというものです。通常、短期売買では「順張り」が、中長期投資では「逆張り」が適していると言われます。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。