投資

読み方: とうし
英語名: Investment
分類: 概念

投資は、将来の収益(利益)を期待して、資金を支出することをいいます。これは、何らかの利益を得る目的で、事業や不動産有価証券などに資金を投下することであり、それが転じて、「若い有望アーティストに投資する」というように、将来を見込んで金銭や力を投入することもいいます。

一般に投資は、世の中で広く使われる用語ですが、一方で経済学やビジネス、資産運用などで、それぞれ概念が異なっています。ここでは、「投資の概要」について、簡単にまとめてみました。

経済学における投資

経済学で「投資」と言った場合、資本ストック(実物資本)の増加分のことを指し、設備投資、在庫投資、住宅投資の3つに分類されます。また、投資は、消費と共に、国内総生産(GDP)の重要な構成要素であり、通常、消費が安定的であるのに対して、投資はかなり変動的な性格を持っており、この投資の変動性は、経済の活動水準を不安定なものにし、景気循環の原因となると言われています。

|設備投資|
オフィスや工場、機械など設備の新増設のために行うもの。

|在庫投資|
ある期間における原料や仕掛品、製品などの在庫量の増減のこと。

|住宅投資|
住宅の建設(新築・増築・改築)にあてられる支出のこと。

ビジネスにおける投資

ビジネスで「投資」と言った場合、業種によって資金を投じる対象が異なりますが、具体的には、将来の事業拡大と利益成長を図るために、設備投資や研究開発投資、資源権益投資、商品開発投資、店舗投資、ブランド投資などが挙げられます。

資産運用における投資

個人の資産運用で「投資」と言った場合、中長期の視点で、株式債券投資信託ETFETNREIT変額年金保険外貨預金外国債券などの「金融資産」、プラチナ不動産などの「実物資産」に資金を投入して、中長期のスパンで収益(インカムゲインキャピタルゲイン)を得ることを目的とした経済活動と言えます。

一般に投資は、投機ほどではありませんが、リスクは常に存在し(伴い)、リスクは投資対象によって大きく異なります。また、投資がうまくいった時は、そのリスクに見合ったリターンがあり、その収益性は預貯金国債などの安全性資産での運用と比べて遥かに大きく、そこが投資の大きな魅力となっています。

<投資のリスクの種類>

価格変動リスク、金利変動リスク、為替変動リスク、信用リスク(デフォルトリスク)、流動性リスク 他