M&A

読み方: えむあんどえー、えむえー
英語名: Mergers and Acquisitions
分類: 会社・経営|M&A

M&A(エム・アンド・エー)は、"Mergers and Acquisitions"の略で、企業の合併買収のことをいいます。これは、基本概念としては、経営権の移動が伴ったり、影響を与えたりする「ビジネス上の経済行為」のことを意味します。また、狭義では、二つ以上の企業が一つになる「Mergers(合併)」と、ある企業が他の企業を買ったりする「Acquisitions(買収)」を意味しますが、広義の概念では、一部株式譲渡、事業譲渡、資本提携等を含めた企業間の提携まで含まれます。

一般にM&Aは、関係会社同士の合併や他の企業の買収でグループ再編を図ったり、あるいは新分野への進出・強化を図ったりすることなどを目的に実施されます。その主なメリットとして、既に実績のある事業を手に入れられるため、事業立ち上げやブランド構築等の時間を省けたり、短期間で売上や利益を上乗せできたり、スケールメリットを活かしてコスト削減が図れたりすることなどが挙げられます。また、具体的な手法としては、株式譲受(株式譲渡)や新株引受、株式交換事業譲渡(一部、全部)、合併(吸収、新設)、会社分割(吸収、新設)、株式持ち合い、合弁会社設立など様々なものがあり、その実行にあたっては、個々の案件で最適な手法を選択することになります。

従来、M&Aは、欧米企業が活発に行っていましたが、今日では、ボーダレスでグローバルな競争が激化するなか、中国やインド、東南アジア諸国など新興国企業も積極的に行うようになっています。また、日本企業についても、国内の法整備が進み、市場の低成長下における生き残りを賭けた企業戦略(海外進出、国内シェア拡大等)として、M&Aは中長期的なビジョンを具体化するための合理的な手段となっています。