市場金利

読み方: しじょうきんり
英語名: Market interest rate
分類: 金利

市場金利は、「市中金利」とも呼ばれ、金融市場において、金融機関同士がお金の貸し借りをする時に適用される金利のことをいいます。これは、中央銀行以外の金融機関によって、マーケットで適用される標準的な取引レートを指し、1年以内の短期金利と1年以上の長期金利に分類されます。現在、日本においては、短期金利については、コールレートやレポレート、TIBOR(東京銀行間取引金利)、国庫短期証券利回りなどがあり、また長期金利については、スワップ金利や国債利回りなどがあります。

一般に市場金利は、マーケットの資金需給の実勢を反映した金利であり、通常、預金や融資などのレートは、市場金利を基にコストやスプレッドなどが勘案されて決定されることになります。なお、中央銀行金融政策を行う場合、短期金利はある程度コントロールすることができますが、一方で長期金利はコントロールすることが難しいと言われています。