平準積立方式

読み方: へいじゅんつみたてほうしき
分類: 年金財政

平準積立方式は、企業年金制度の積立方式の一つである事前積立方式のうち、年金制度の加入期間中に、平準的に給付原資を積み立てる方式のことをいいます。これには、主なものとして、「加入年齢方式」や「総合保険料方式(閉鎖型)」、「開放基金方式」などがあります。

加入年齢方式

企業年金で最も広く採用されており、ある特定の年齢で年金制度へ加入してくる者について、加入時から退職時までの平準的な拠出により収支相等する掛金標準掛金とし、これを加入者全員に一律適用する方式。

総合保険料方式(閉鎖型)

厚生年金基金制度の加算部分の一部で採用されており、年金制度に現在加入している者全員について、収支相等する掛金率を計算し、この掛金率を制度の加入者全員に一律適用する方式。

開放基金方式

厚生年金基金の基本部分及び加算部分の一部で採用されており、現に年金制度に加入している者だけでなく、将来、制度に加入してくる者も見込んで収支相等する掛金率を計算し、この掛金率を制度の加入者全員に一律適用する方式。