遺族給付金

読み方: いぞくきゅうふきん
分類: 年金|給付

遺族給付金は、厚生年金基金確定給付企業年金などの企業年金制度において、加入者または年金受給権者等が死亡した時に、その者の遺族に対して、年金または一時金として支給される給付のことをいいます。これは、規約に定められている場合に支給されるもので、対象となる遺族の範囲は、配偶者(事実婚を含む)、子、父母、孫、祖父母および兄弟姉妹、主として死亡した者によって生計を維持されていたその他の親族となっています。

なお、支給時の税金については、厚生年金基金では非課税となりますが、確定給付企業年金では相続税の課税対象となります。