位置指定道路

読み方: いちしていどうろ
分類: 不動産|道路

位置指定道路は、建築基準法上の道路としての認定を受けた私道をいいます。これは、幅員が4メートル以上で一定の技術的基準に適合する、特定行政庁から道路位置指定を受けた私道であり、例えば、新しく売り出される分譲地などのミニ開発において、袋小路状の私道の周りを建売住宅が取り囲んでいるようなケースによくある道路です。また、建築業者が、行政指導の下に宅地開発を行ってできた道路のこと(開発道路)を指す場合もあります。

一般に位置指定道路は、建築基準法上の道路の一つであり、接道義務を果たしていることになるので、建物を建てることができます。なお、道路位置指定を受けるには、公道との交差部に有効な隅切りがあること、側溝を設けること、一定以上の勾配がないことなど、特定の技術的基準(行政が定めた仕様)に適合することが条件となっており、また位置指定を受けるまで建築確認が取れません。