睡眠預金

読み方: すいみんよきん
分類: 預金|概念

睡眠預金は、「休眠預金(休眠口座)」とも呼ばれ、長い間、出し入れのない(何の動きもない)預金(口座)をいいます。これは、銀行信託銀行信用金庫信用組合労働金庫などで使われる概念で、対象となる期間については金融機関によって異なり、現在、10年程度としているところが多く、最終的に残された預金は金融機関の収益として会計処理されます。その法的根拠については、銀行の預金では商法上5年、信用金庫などは民法上10年取引がないと預金者は権利を失うとされていることですが、実務上においては、睡眠預金でも預金者の請求があれば、金融機関は窓口で払い戻しに応じています。また、金融機関によっては、本預金について管理コストがかかることから、管理手数料を徴収するところもあります。

一般に睡眠預金は、意外と多くの人がしている可能性があり、自分の財産管理において、そうならないように注意する必要があります。具体的には、何らかの理由で使わなくなった預金口座で、残高が少なくてキャッシュカードで引き出せない1000円未満のものが特に多いそうで、例えば、以下のようなケースが挙げられます。ずっと忘れていて、いつの間にか自分の財産でなくなっていた(金融機関の収益になっていた)のでは後で納得できないので、思い当たる場合は、今一度よく確認するようにしましょう。

<睡眠預金の例>

ATMCDで引き出せない残高が1000円未満の使わなくなった預金口座(合併や支店の統廃合で使わなくなったケースもよくある)
・学生時代や結婚前に使っていたが、その後利用しなくなった預金口座(親が子供名義で作っていた口座や義理で頼まれて作った口座も注意)
通帳や印鑑、キャッシュカードのいずれかを紛失し、手続きが面倒でずっと放置していた預金口座
・本人が既に亡くなっている預金口座(相続でも未発見)

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。