因果玉

読み方: いんがぎょく
分類: 相場|状況

因果玉は、「しこり玉」とも呼ばれ、マーケット全般で使われる用語で、損失が拡大して塩漬けの状態になっている銘柄建玉のことをいいます。これは、将来の値上がりを予測して買ったところ、思惑に反して値下がりしてしまった場合や、将来の値下がりを予測して売ったところ、思惑に反して値上がりしてしまった場合などに、損失を出すのを恐れて、売るに売れず、買い戻すにも買い戻せず、そのまま持ち続けなければならない(持ち続けている)状況のことを指します。

一般に因果玉となると、含み損評価損)がさらに拡大することが多く、最終的にはより大きな実現損が出てしまうことが多いです。このような事態を避けるためには、損切りのルールを決めて、因果玉を持たないようにすることが大切です。