品貸料

読み方: しながしりょう
分類: 信用取引

品貸料は、制度信用取引で株不足が生じた場合に、機関投資家などから借り入れる株式の調達料のことをいいます。これは、最終的に逆日歩のついた銘柄信用売り(空売り)をしている全ての投資家が支払う一方で、信用買いをしている全ての投資家が受け取ることになります。

一般に制度信用取引では、証券金融会社から、売り方株式を借り、買い方融資を受けて日々の取引を行っています。その際に証券金融会社は、買い方から担保に取っている株式を売り方に回しますが、時として売り方が買い方を上回ると「株不足」が生じることになります。このような状況に対して、証券金融会社では、株不足に対処するために、機関投資家などから株式を借りてきて(不足株数を入札形式で調達し)、売り方に回す仕組みを用意しています。

そして、この仕組みにおいて、株式を貸す側から見た貸し賃が「品貸料」で、一方で借りる側から見た借り賃が「品借料」で、両者は同じものを意味します。