貸株料

読み方: かしかぶりょう
分類: 株式|信用取引

貸株料は、「貸株金利」とも呼ばれ、信用取引空売りをした投資家が株式を借りた対価として、証券会社に支払うコストをいいます。これは、株式の空売り(信用売り)において、証券会社が投資家に株式を貸す対価であり、一方で投資家が証券会社から株式を借りた際の金利(利用料)として請求されるコスト(費用)です。

一般に貸株料は、1日単位で発生するため、建玉を長期間にわたって維持すると結構高額のコストになるので注意が必要です。なお、貸株料は、制度信用取引一般信用取引では異なり、通常、一般信用取引の方が高くなっています。