キングストン合意

読み方: きんぐすとんごうい
英語名: Jamaica Agreements (Kingston, 8 January 1976)
分類: 国際情勢|合意

キングストン合意は、1976年1月にジャマイカの首都キングストンで開かれた、国際通貨基金(IMF)の暫定委員会での合意のことをいいます。

1973年に主要先進国は、長く続いた固定相場制から変動相場制為替レートの決定を市場の需要と供給により自由に変動させる制度)に移行しましたが、その後、制度移行に伴う諸問題の解決が関係国間で行われました。本会合では、IMFが現実の姿を追認することで合意が成立し、変動相場制の正式承認を含む、IMFの第2次協定改正を決定しました(新制度は、1978年4月1日に発効)。

一般に「キングストン体制」と呼ばれる合意の内容については、
(1)IMFクォータの32.5%の増資
(2)変動相場制の認知や金の公定価格の廃止といった現実を追認するためのIMF協定の改正
(3)それに付随したIMF保有金の処分等の当面の問題処理
などからなっていました。