診療報酬明細書

【読み方:しんりょうほうしゅうめいさいしょ、分類:医療】

診療報酬明細書は、「レセプト」とも呼ばれ、患者が受けた診療について、病院や診療所などの医療機関や保険薬局が医療保険者(市町村や健康保険組合等)に請求する医療費の明細書のことをいいます。これは、医療機関等で実際にかかった医療費のうち、患者が負担した医療費の残りを医療保険者に請求するものです。

一般に診療報酬明細書は、患者氏名、保険者番号、病名等を記入した上書き部分と、診療報酬点数、療養の給付、食事・生活療養の欄で構成されています。具体的には、患者氏名・性別・生年月日といった個人情報、患者の健康保険加入情報、請求元の名称、診療科、病名、診療月に行った薬、注射、処置、手術、検査、画像診断、リハビリなどの点数が記載されており、被保険者毎に医療機関等が月単位で作成します。また、診療行為毎に診療報酬点数が決められており、医療機関等はこの点数を合算して、医療保険者に医療費を請求することになります。

なお、2010年4月から、患者に対する医療費の「診療報酬明細書」の無償発行が医療機関等に対して原則として義務化されました。これにより、患者本人も診療報酬明細書を見ることによって、実際に行われた検査や処置、手術、注射、投薬、リハビリ、入院などに関する診療報酬を具体的に知ることができます。