雑所得とは何か?

雑所得は、所得税における課税所得の区分の内、他の9種類の所得のいずれにも該当しない所得のことををいいます。これには、公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などが該当します。また、所得とは、税法用語の一つで、課税される収入から必要経費を差し引いた後の「税法上の利益」を意味します。

雑所得の金額の計算方法

雑所得の金額は、下記の(1)と(2)との合計額です。

雑所得の金額=(1)+(2)

(1)公的年金等以外:公的年金等以外の総収入金額-必要経費
(2)公的年金等:収入金額-公的年金等控除額

※公的年金等控除額は、受給者の年齢、年金の収入金額に応じて定められている

雑所得の種類による課税方法

雑所得は、その種類により、課税方法が異なります。

総合課税

国民年金や厚生年金、共済年金、恩給などの公的年金等と、原稿料や講演料、生命保険の年金など他の所得に当てはまらない所得は、他の所得の金額と合計して総所得金額を求めた後、納める税額を計算します。

※公的年金等や原稿料・講演料等は、原則として、支払いの際に源泉徴収が行われる

申告分離課税

一定の先物取引にかかわる所得については、申告分離課税が適用されます。

源泉分離課税

定期積金の給付補てん金、抵当証券利息など、いわゆる金融類似商品の収益については、その支払いの際に一律の税率で源泉徴収が行われます。