源泉課税

【読み方:げんせんかぜい、分類:税務】

源泉課税は、一定の所得や収益に対して、それが支払われる度に、支払い場所で個別に課税する方法をいいます。また、他の所得に関係なく一律で源泉徴収され、課税関係が終了する制度のことを「源泉分離課税」と言い、これは他の所得と全く分離して、対象となる所得を支払う者が支払いの際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、それだけで所得税の納税が完結するものです。

なお、源泉徴収とは、給与所得退職所得利子所得配当所得などについて、その支払者が支払いの際に所得税を天引き徴収し、国に納付することをいいます。