税理士法人

【読み方:ぜいりしほうじん、分類:その他】

税理士法人は、税理士業務を組織的に行うことを目的として、税理士が共同して設立した法人をいいます。これは、2001年の税理士法改正において、納税者利便の向上に資する等の観点から創設されたもので、複雑化・多様化・高度化する納税者等の要請に対して的確に応えると共に、業務提供の安定性や継続性、より高度な業務への信頼性を確保することが可能になっています。

現在、税理士法人の業務については、税理士業務の他に、税理士が税理士の名称を用いて税理士業務に付随して行う記帳代行等の会計業務を行うことができるのと同様に、税理士法人においても、定款に定めることにより、税理士業務に付随して行う会計業務や財務省令で定める一定の業務を行うことができるとされています(税理士法が定めた業務範囲に限定される)。

なお、税理士法人は、社員を税理士に限定した商法上の合名会社に準ずる特別法人であり、社員の対外的責任については、税理士法人の財産によって当該法人の債務完済できない場合は、各社員が連帯してその債務を負うとされています。