個別注記表

読み方: こべつちゅうきひょう
分類: 財務諸表

個別注記表は、重要な会計方針に関する注記、貸借対照表に関する注記、損益計算書に関する注記など、各書類に付記されていた注記をまとめた書類をいいます。

会社法で規定されている決算書(計算書類)の一つで、現在、注記には以下のようなものがあり、また「会計監査人設置会社」と「会計監査人設置会社以外の会社(公開会社、非公開会社)」で必要項目が異なります。

<会社計算規則の第98条(注記表の区分)>

1.継続企業の前提に関する注記
2.重要な会計方針に係る事項に関する注記
3.会計方針の変更に関する注記
4.表示方法の変更に関する注記
4-2. 会計上の見積りに関する注記
5.会計上の見積りの変更に関する注記
6.誤謬の訂正に関する注記
7.貸借対照表等に関する注記
8.損益計算書に関する注記
9.株主資本等変動計算書に関する注記
10.税効果会計に関する注記
11.リースにより使用する固定資産に関する注記
12.金融商品に関する注記
13.賃貸等不動産に関する注記
14.持分法損益等に関する注記
15.関連当事者との取引に関する注記
16.一株当たり情報に関する注記
17.重要な後発事象に関する注記
18.連結配当規制適用会社に関する注記
18-2.収益認識に関する注記
19.その他の注記

なお、個別注記表については、必ず「注記表」という一つの書面で作成しなければならないものではなく、貸借対照表等の注記事項として記載することも認められています。