附属明細表

読み方: ふぞくめいさいひょう
分類: 財務諸表

附属明細表は、貸借対照表損益計算書キャッシュフロー計算書などの情報を補足するための書類をいいます。これは、金融商品取引法で規定されている財務諸表の一つで、上場企業等に作成が義務づけられているものです。

具体的には、社債明細表や有価証券明細表、引当金等明細表、固定資産等明細表、借入金等明細表などがあります。

|社債明細表|
銘柄毎に発行総額や期首残高、当期増減額など、企業が発行した社債の内訳を記す書類。

|有価証券明細表|
企業が保有する株式や債券などの有価証券の内訳を記す書類。

|引当金等明細表|
貸借対照表に計上した引当金の内訳を記す書類(期首または期末に残高がある場合のみ作成)。

|固定資産等明細表|
企業が保有する有形固定資産と無形固定資産の内訳を記す書類。

|借入金等明細表|
長期借入と短期借入に分類し、企業の借入金の内訳を記す書類。

なお、附属明細表と似たような用語に、会社法で規定された「附属明細書」がありますが、これは「事業報告」と「計算書類」に区別され、全くの別物です。