仲値

読み方: なかね
英語名: Telegraphic Transfer Middle Rate
分類: 為替相場

仲値は、「TTM」とも呼ばれ、顧客が銀行等の金融機関で外国通貨(外貨)を売買する際の基準レートをいいます。

金融機関の毎営業日の午前10時頃に発表されるもので、外国為替市場の取引実勢レートを基準(参考)にして金融機関毎に決定されます。また、本レートは、その後、余程大きな為替変動がない限り、その日一日の間、適用されることになります(大きな為替変動があった場合には、適宜変更が行われる)。

仲値の概要

仲値は、銀行等が個人などの為替取引や、10万ドル未満の為替取引をする際の基準レートとして用いられるものです。

小口の外国為替取引を効率的に処理するために作られた制度で、各行が独自の「仲値」を決めています(ほとんど横並び)。通常、9時55分頃のインターバンクレートを参考に決定され、10時頃に公表されます(一時的にドル需要が多くなるため、この時間帯にドル高要因になることもある)。

仲値の位置づけ

仲値は、対顧客向けの為替レートである「電信売相場」と「電信買相場」の中間値(平均値)であり、また電信売相場は、顧客が円貨外貨に換える場合に適用されるレートであるのに対して、電信買相場は、顧客が外貨を円貨に換える場合に適用されるレートになっています。

・仲値=(電信売相場+電信買相場)÷2
・電信売相場=仲値+為替手数料
・電信買相場=仲値-為替手数料

仲値と銀行等の対顧客相場の仕組み

仲値と銀行等の対顧客相場の仕組みは、以下のようになっています。

仲値の概要

・現金売相場:外貨現金を銀行から買う際のレート
・電信売相場(TTS):外貨預金の作成、外国送金
・仲値:小口の為替取引の基準レート
・電信買相場(TTB):外貨預金の解約
・現金買相場:外貨現金を銀行に売る際のレート

仲値の公表停止と市場連動

仲値レートと実勢レートの乖離が1円以上になると「公表停止」となり、仲値が使用できなくなり、この状態を「市場連動」と言います。これ以降は、顧客と外国為替取引を行う際には、担当職員はディーリングルーム(市場部門)に随時問い合わせて、市場に連動したレートを使うことになります。

仲値トレードとは?

仲値トレードとは、外国為替取引の手法の一つで、東京外国為替市場において、日本時間10時頃の「仲値」に向けた米ドル/円の値動きに着目したトレードをいいます。

その背景(着目点)として、経験則的に、五十日など輸出入企業の実需から取引が活発になって、この時間帯にドル高・円安になりやすい傾向があります。