時価評価額

読み方: じかひょうかがく
分類: 運用管理

時価評価額は、金融商品や不動産などの資産を取得した価格ではなく、現在の価格(時価)で評価した金額をいいます。

簿価評価ではなく、時価評価による資産の評価額で、金融商品の場合は、株式や債券、投資信託、外貨預金、FX、先物・オプションなどの個別銘柄(個別商品)だけでなく、ポートフォリオポジションに対しても算出されます。

一般に時価評価額は、その時々の価格の変動により値洗いされていくものであり、「時価評価額-取得価額」がプラスの時は「評価益(含み益)」が発生し、また「時価評価額-取得価額」がマイナスの時は「評価損(含み損)」が発生します。

例えば、株式投資で、1カ月前にある銘柄を株価が2000円で100株購入して、現在の株価が3000円に上昇していたとすると、現在の時価評価額は30万円、評価益は10万円(=3000×100-2000×100)となります。